病院のご案内

院長挨拶

兵庫県立柏原病院は66年の歴史に、また柏原赤十字病院は84年の歴史に終止符を打ち、令和元年7月1日に両病院は統合し兵庫県立丹波医療センターと丹波市健康センター“ミルネ”に生まれかわりました。

県立丹波医療センターは丹波医療圏の中核病院として、地域のニーズに沿った急性期から回復期および終末期までの幅広い医療を提供し、また“ミルネ”と協力して地域医療に関わる医療人の育成・教育拠点として機能します。

丹波医療センターは27診療科を標榜し、急性期204床、地域包括ケア45床、回復期リハビリテーション45床、緩和ケア22床、感染症4床の320床を有しています。また、新たに人工透析を15床、クリーンルームを2室新設いたします。救急は初療室3室と診察室3室をもち、屋上にはヘリポートを設置し、施設、設備を充実し重症患者の受け入れを積極的に行います。

世界標準の最良で安全な医療を提供していくことを行動指針とし、若い医療者が集う病院を目標に、教え学びの文化を醸成し“医学教育で勝負する病院”を今後も目指してまいります。

また丹波市健康センター“ミルネ”では、総合診療外来だけではなく在宅医療と健康増進にも関わり、兵庫県が指定管理を受け一体的に機能させ、両施設はハイブリッド施設として、今までにない広範な医療と健康・福祉・介護の連携のonly oneのモデルを目指していきます。将来、全国から多くのメデイカルスタッフが集う地域医療のメッカになることを夢みています。

この夢の実現に向けて、職員と力を合わせて全力で挑戦していきたいと思っていますので、皆様のご支援よろしくお願いいたします。

令和元年7月

院長 秋田 穂束

基本理念

地域医療の中核病院として良質で安全な医療を提供し、地域住⺠の健康に貢献します。

  • 基本方針

    • 1 世界標準の医療を提供します。
    • 2 急性期から回復期、終末期までの幅広い医療を提供します。
    • 3 救急と災害医療の拠点病院として医療を提供します。
    • 4 多職種が協働して、信頼される患者中心の医療を提供します。
    • 5 地域の医療機関や丹波市健康センターと連携し、最良の地域医療システムを構築します。
    • 6 教え学びを病院の文化とし、地域医療に貢献できる医療人を育成します。
  • 患者さんの権利

    • 1 良質な医療を公平に受ける権利があります。
    • 2 個人の人格、価値観は尊重されます。
    • 3 病気についてわかりやすく説明を受ける権利があります。
    • 4 ⼗分な説明を受けたうえで、検査や治療⽅針などは⾃分の意思で決定することができます。
    • 5 診断や治療に関して他の医療機関の医師などの意見を求めることができます。
    • 6 診療で得られた個⼈情報は全て保護されます。
    • 7 診療記録の開⽰を求めることができます。
  • 患者さんの義務

    • 1 ⾃⾝の健康情報は正直、正確に提供してください。
    • 2 納得して合意された治療に意欲を持って取り組んでください。
    • 3 病院の規則と指⽰を守り、他の患者や医療者に対して暴⾔・暴⼒を⾏わないでください。
    • 4 研修医や医学生、看護学生などの研修、実習へのご理解とご協力をお願いします。
    • 5 医療費は遅滞なく適切に⽀払ってください。