かかりつけ医をもちましょう

かかりつけ医をもちましょう

県⽴丹波医療センターでは、当院を受診される患者さんに「かかりつけ医」である初期医療機関(診療所)をお持ちになることをお勧めしています。
「かかりつけ医」は、ちょっと⾵邪をひいたりケガをしたときに気軽に診てもらったり相談にのってもらうことができる、⽇頃から顔なじみの町のお医者さん(家庭医、ファミリードクター)です。

かかりつけ医をもつメリット

  • 病院に⽐べて待ち時間が⽐較的短い。
    - また、⾵邪などの病気で病院に⾏くと、外来診療が混雑して⾼度な医療が必要な患者さんの治療に⽀障がでてくる恐れがあります。
  • 普段から家族の病状・病歴・健康状態を把握しているため、緊急のときに適切で素早い対応ができる。
  • 詳しい検査や⾼度な医療が必要と診断された場合には、適切な医療機関や専⾨医への紹介状を書いてくれる。
    - 紹介状を持参された⽅は「保険外併⽤療養費の初診時特別料⾦」2,600円が免除されます。
  • かかりつけ医からの紹介により当院で受診すれば、診療時の⼿間や時間が節約でき、不要な検査や投薬を受けずに済む。
    - かかりつけ医からの紹介の場合は、初診の場合でも予約ができますので、待ち時間が⽐較的短縮されます。また、紹介状によって、かかりつけ医がもつ患者さんの医療情報が当院へ引き継がれますので、不要な検査や投薬を受けずにすみます。 紹介予約を希望される場合は、かかりつけ医にご相談ください。
県⽴丹波医療センターの診療受付時間は午前11時30分までです。
それ以降、午後10時頃までは、まず皆さんの「かかりつけ医」である初期医療機関(診療所・医院)にご相談ください。

かかりつけ薬局をもちましょう

当院では、処⽅せんを院外調剤薬局向けに発⾏し、地域のかかりつけ薬局と分担・協⼒して治療を⾏っています。院外処⽅せん受付では、調剤薬局の紹介を⾏っていますのでご利⽤ください。
「かかりつけ薬局」では、お薬をお渡しするだけでなく、お薬についての質問や相談にも応じています。

かかりつけ薬局をもつメリット

  • 薬の内容について正確に知る事ができる。
    - 薬の作⽤(効能・効果)、副作⽤、飲み⽅の注意、飲み忘れたときの対応、保管⽅法など詳しい説明を受けることができます。
  • 薬歴管理(薬のカルテ)であなたの薬の内容について管理してもらえる。
    - あなたがお飲みになっている薬を継続的に管理してもらえるので、副作⽤などについて余計な⼼配をしなくてすみます。また、他の病院から薬をもらった場合に、薬の重複や飲み合わせの悪さなどもチェックしてもらえます。