看護師からのメッセージ

看護師からのメッセージ

⼥性の⼀⽣に寄り添うことができる
助産師になれるよう、私らしく頑張ります。

⼩児科、産婦⼈科、乳腺外科病棟勤務

令和2年度⼊職 兵庫県総合衛⽣学院卒

Yukina Utsumi

私は、兵庫県⽴丹波医療センターで⽇々多くのことを学びながら頑張っています。丹波医療センターは昨年7⽉に県⽴柏原病院と柏原⾚⼗字病院が統合し、新しく誕⽣した病院です。丹波医療圏の中核病院として、地域のニーズに沿った急性期から回復期および終末期までの幅広い医療を提供しています。

私が配属された病棟は産婦⼈科・⼩児科・乳腺外科の混合病棟で、内科や⽿⿐科、終末期の患者さんも⼊院される病棟です。⽣まれてから亡くなるまで、まさに⼥性の⼀⽣に寄り添うことができる病棟です。その分学ばなければならないことは多いですが、教育体制はとても充実しており、病院や病棟独⾃のチェックリストに沿って技術を指導・評価してもらっています。また、勉強会もあり、産婦⼈科や⼩児科に特化した技術もしっかりと学ぶことができます。病棟のスタッフのみなさんはとても温かく、丁寧に指導してくださいます。

地元から離れた場所での就職で少し不安でしたが、丹波医療センターで助産師として働くことができて本当に良かったなと思っています。今まで学んだことを忘れず、⼥性の⼀⽣に寄り添うことができる助産師になれるよう、私らしく頑張ります。

患者さんからの「ありがとう」と
笑顔が見られた時に
やりがいを感じることができています。

消化器外科・内科病棟勤務

令和2年度⼊職 丹波市立看護専門学校卒

Fujimoto Asaka

丹波医療センターに勤務し始めて3ヶ月が経ちました。日々の業務やタイムスケジュール管理で大変な事もありますが、院内研修や先輩方のサポートのおかげで日々1つ1つの看護ケアを行うことができています。

実地指導者さんや病棟の先輩看護師さんにいつでも分からないことを尋ねることができる環境で、その都度手厚く助言や指導を頂き、自身の知識や技術の成長に繋がっていると実感しています。消化器外科手術や消化器の検査で病棟全体が忙しい日々も多々ありますが、自身の成長にともに向き合って下さる先輩方に恵まれ、楽しく仕事ができています。

学生の時に比べ、1人の患者さんに関われる時間は限られていますが、短時間でも患者さんの状態やニーズを把握し良質な看護を提供できるように日々努めています。毎日、先輩や患者さんから学ぶことが多く、学びや経験を重ね1人立ちできるようになった時や患者さんからの「ありがとう」と笑顔が見られた時にやりがいを感じることができます。また、周手術期看護を含め、急性期から終末期、在宅まで幅広い医療を多職種と連携し提供することで、様々な考えや意見を知ることができ、多方面から物を捉えることの力・判断力にも繋がっていると感じています。

地域への貢献や看護実践力の向上を目指して一緒に丹波医療センターで働いてみませんか。

患者さんの思いを聴き、寄り添い、
信頼してもらえる看護師を目指して頑張っていきたい。

小児科・産婦人科・乳腺外科病棟勤務

令和2年度⼊職 関西医療大学卒

Kanbe Hirori

丹波医療センターに勤務して3ヶ月が経ちました。丹波医療センターは地域の中核病院として幅広い地域医療を担う病院であり、その病院の一員であることや患者さんが安心して治療を受けられるように看護を提供することを日々考えて働いています。

私が勤務している病棟では、新生児から小児、産婦・褥婦、高齢者と幅広い年代の患者さんが入院されています。新しい命の誕生の場面に立ち会うことができたり、高齢の患者さんが入院中にADLが低下しないようになど、個別性を考えながら日々ケアを行っています。

1年目で分からないことばかりですが、先輩看護師に質問して日々指導していただきながら学んでいます。また、看護提供方式はPNSであるため、看護師間での連絡・報告・相談がとても大切になります。そのため、コミュニケーションをしっかりとること、自分の考えを発言し共有することを意識して取り組んでいます。

これらのことは看護師として働いていくうえで常に忘れずに意識し、患者さんの思いを聴き、寄り添い、信頼してもらえる看護師を目指して頑張っていきたいと思っています。

丹波医療センターは、土地柄から患者さんもスタッフの皆さんも優しく、温かくとても働きやすい環境です。皆さんもぜひ、目標に向かって一緒に楽しく働きましょう。

新病院開設という貴重な体験をし、
新しい環境で働く楽しさを日々感じています。

HCU・血液浄化センター勤務

令和元年度⼊職 神戸常盤大学卒

Onishi Riko

私が、丹波医療センターへの就職を決めた理由は、新人研修やラダー制度等、教育体制が整っていること、また、福利厚生も充実していることや自然に囲まれた環境、地域柄に魅力を感じ、丹波医療圏域の中核病院である丹波医療センターへ入職しました。

入職した年の7月に柏原赤十字病院と県立柏原病院の統合を経て、移転、新病院開設という貴重な体験をさせて頂き、一から築き上げる大変さを感じながらも新しい環境で働く楽しさを日々感じています。

入職してからの1年間は、様々な新人研修があり、それぞれの専門分野の先輩看護師から講義や演習を通じて、看護の基本である知識や技術、手順等を学ぶことができました。

私の所属するHCU・血液浄化センターでは、ME機器での治療サポートが必要な患者さんや、外科術後の患者さん等、様々な疾患を持った重症の患者さんが入室されています。

状態の不安定な患者さんとの関わりや初めて経験する処置や介助には、先輩方が一緒について丁寧に指導して下さり、温かい環境の中でやりがいを感じながら日々働くことができています。

また、生活環境では、仕事終わりや休みの日には食事へ行ったり、買い物へ行き気分転換をしています。一人暮らしの同期が多く、同期と過ごす時間は私にとってとても楽しく、また大きな支えになっています。丹波は空気も綺麗で、美味しい食べ物もたくさんあるので、自然を楽しむことや美味しいお店を見つけるのも楽しいです。是非、皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

スキルアップの機会は多く充実した環境です。
また、丹波は年間を通じて四季を感じることができます。

HCU・血液浄化センター勤務

平成26度⼊職 帝京平成大学卒

Kuge Tokutaro

私は、HCU・血液浄化センターにて勤務しています。血液浄化センターは丹波医療センターとなってから開設された部署で、HCUで重症患者さんの看護を行うと共に、日々維持透析患者さんの治療・看護にもあたっています。重症ケアや新しい業務など勉強の毎日ではありますが、先輩看護師や医師、臨床工学技士などの指導や勉強会等開催されており、スキルアップの機会は多く充実した環境にあります。

HCU・血液浄化センターが安全に治療・看護できるように、スタッフ間でも日頃から情報交換・情報共有を行い、皆で協力しあいながら看護実践にあたっています。

職場内は、不安なことや困ったことを相談しやすい雰囲気で、スタッフ全員で安心・安全に働ける職場づくりをしています。

また丹波は、空気が綺麗で夜景も美しいです。春には桜が綺麗にみられ、初夏には蛍や蛙の合唱、秋にはおいしいものが豊富で、冬になると雪景色がみられ、年間を通じて四季を感じることができます。

仕事と育児を両立しながら、
充実感のある毎日を過ごしています。

消化器・呼吸器内科病棟勤務

平成28年度⼊職 丹波市看護専門学校卒

Tawara Tomoka

私は、新卒で丹波医療センターに就職し、産休・育休を経て昨年4月に復帰しました。復帰当初は仕事と育児の両立や新しい部署への不安も感じていましたが、皆さん暖かく迎えてくださり、安心して働けています。子育ての先輩も沢山おられ育児のアドバイスや相談にものって貰っています。

丹波医療センターでは、PNS制度を導入しています。ペア間で受け持ち患者の情報共有を行い、相談し一緒に考える、そして常にコミュニケーションを取りながらペアで動きます。そのため、お互いの技術や知識の補完ができ、学び合い日々成長することが出来ています。また、判断に迷ったときはその場でペアと相談できる為、安心して働くことが出来ます。私の病棟はスタッフ間で相談しやすく、皆が意見を言い合える、とても良い雰囲気の働きやすい職場です。

経験年数が4年目になり、リーダー業務を任されるようになりました。まだまだ、力不足ですがその日の病棟リーダーとして全体を捉え、適切な采配・判断が出来るよう看護師長をはじめ先輩方に指導いただきながら、日々奮闘しています。育児と仕事の両立は容易なことではありませんが、とても充実感があります。母親としての自分も看護師としての自分も大切に、今後も頑張っていきたいと思います。

日帰りの手術から
侵襲の大きい全身麻酔まで対応します。

手術室勤務

平成23年度⼊職 兵庫県立大学卒

Kawano Tomoko

私は、卒業後柏原病院に就職し、現在手術室で勤務しています。手術を受けられる患者さんは、大きな決断をされ、手術に臨まれます。 手術室看護師として、声かけする一言一言が患者さんの不安な気持ちを和らげることができ、タッチングや自分自身の態度1つで信頼関係を築くことができるのだと思います。

丹波の自然豊かな環境で患者さんやスタッフも含め穏やかで優しい人柄に助けられながら、迷ったり、悩んだりしながらも充実した日々を過しています。就職するまで丹波という土地を訪れたことはなかったですが、今では患者さんにつられて丹波弁を話すほど大好きな場所になりました。是非、丹波やこの病院の良いところを知って頂きたいと思います。