泌尿器科

診療カレンダー

吉村 山﨑 吉村 山﨑 担当医

概要

当科では、腎臓、尿管、膀胱や男⼦⽣殖器に関するすべての疾患および副腎疾患について診断、治療にあたっております。
副腎、腎、尿管の良性、悪性疾患に対する腹腔鏡⼿術をはじめ、⼿術困難な進⾏癌症例に対しては、各種抗癌剤治療、放射線治療等を含め、集学的に治療を計画し、QOLの向上を第⼀に考えた治療法を選択していきます。

地域医療機関の先生方へ

⼤部分の泌尿器疾患に対応が可能です。できる限り低侵襲でQOLを重視した治療を⼼掛けますので、引続きご紹介よろしくお願い申し上げます。

主な対象疾患

前立腺肥大症

薬物療法が中⼼であり、効果が認められない場合は経尿道的内視鏡⼿術を施⾏しています。

尿路結石

⾃然排⽯困難な尿路結⽯には体外衝撃波結⽯破砕術や内視鏡を使った⼿術を⾏っております。体外衝撃波では治療困難な症例に対しては内視鏡⼿術(経尿道的尿管砕⽯術)を施⾏します。

尿路性器の腫瘍

前⽴腺がん:PSAの測定、⽣検を積極的に⾏い、早期発⾒に努めています。もし癌が⾒つかった場合には、年齢や、病気の進み具合によって、⼿術療法、放射線療法、ホルモン療法など患者さんと相談の上、最適な治療を提供できるよう⼼がけています。
腎臓がん・尿管がん:⼿術療法が中⼼になりますが、腫瘍の⼤きさによっては腹腔鏡を使った傷の⼩さな腹腔鏡下⼿術を積極的に⾏います。進⾏症例に対しては、各種抗癌剤治療によりQOLを第⼀に考えた治療を提供していきます。
膀胱がん:早期がんに対しては内視鏡的切除術を施⾏しています。進⾏した膀胱がんに対しては、原則的には膀胱全摘出術を⾏い、尿道が温存できる場合には⼩腸で新しい膀胱を造り、⾃然排尿可能となる⼿術を⾏います。

主な医療機器と設備

  • 体外衝撃波結⽯破砕装置
  • 超⾳波診断装置(エコー)
  • 膀胱電⼦スコープ
  • 尿管鏡、腎盂鏡
  • 経尿道的⼿術⽤切除鏡

医師紹介

名前 役職 資格・認定・所属学会等
吉村 光司
Koji Yoshimura
泌尿器科 部⻑ ⽇本泌尿器科学会 泌尿器科専⾨医
⼭﨑 隆⽂
Takafumi Yamazaki
泌尿器科 部⻑ ⽇本泌尿器科学会 泌尿器科専⾨医・指導医
⽇本泌尿器科内視鏡学会、⽇本⽣殖医学会
⽯村 武志(非常勤)
Takeshi Ishimura
神⼾⼤学 特命准教授 ⽇本泌尿器科学会 泌尿器科専⾨医・指導医
泌尿器腹腔鏡技術認定医
⽇本臨床腎移植学会 腎移植認定医
⽇本内視鏡外科学会 技術認定医