小児科

診療カレンダー

1診 井上 与茂田 井上 岡本 酒井
2診 遠藤 上田 遠藤 本郷 上田
3診 本郷 岡本 与茂田

専門外来(予約)

慢性疾患 第2・4 内分泌
粟野
井上 加藤 遠藤 岡本
酒井 上田 与茂田
本郷
神経 第1・3
山口
健診
予防接種
担当医
(予防接種)
担当医
(1ヶ月健診)
担当医
(1ヶ月以後健診
シナジス接種)

概要

昭和59年9⽉に県⽴柏原病院⼩児科として開設して以来、県⽴病院の果たすべき社会的使命として、⼊院診療・救急患者の受け⼊れと周産期医療を⾏ってきました。
平成17年に始まる丹波地域の病院群全般の「医療崩壊」の中、当科も存続の危機を迎えました。
その時起こった「県⽴柏原病院の⼩児科を守る会」の住⺠運動により1次救急患者が減り、1次救急から2次救急へシフトできたこと、また、外来診療の初診紹介制の導⼊により⼊院診療中⼼にシフトできたことによって、周産期医療も継続できました。県⽴こども病院有志による外来・当直⽀援と、丹波市の財政⽀援による神⼾⼤学⼩児科による専⾨外来・当直⽀援の開始も⼤きな⼒となりました。
平成20年度以降は当科の⼈員増によって丹波地域の⼩児2次救急輪番制(当科と兵庫医⼤ささやま医療センター)を復活させることが出来ました。
しかし診療科⽬・地域による医師の偏在の傾向は続いております。現在丹波医療センター⼩児科の常勤スタッフは3名ですぐの増員は⾒込めませんが、兵庫県⽴こども病院・神⼾⼤学附属病院・愛仁会千船病院より派遣の⼩児科専攻医、専⾨外来を⾏う⾮常勤医師、神⼾⼤学医学部付属病院⼩児科医の当直⽀援により、外来診療を充実させると共に⽔曜⽇以外の2次救急対応を継続しております。また若い医師の教育に重点を置く当院の⽅針に則り、当院と県⽴加古川医療センター初期研修医の⼩児科初期研修や学⽣の臨床現場⾒学なども⼒を⼊れております。この中から⼩児科医を、あるいは丹波地域の医療を担ってみようという⼈材が現れるよう努⼒している最中です。
今後も丹波地域の⼩児医療の中核を担い、診療内容を充実すべく更なる努⼒を⾏っていきます。

地域医療機関の先生方へ

兵庫県内各地で病院施設の合併再編が続いております。経済的な理由及び地域による被医療⼈⼝年齢層と病院勤務医数の偏りも背景にあると考えます。当院も少⼦化(14歳以下⼈⼝の減少が激しい)が⽬⽴つ丹波と周辺地区もまた、⼩児科勤務医の確保が難しい地区ではないかと考えられ、柏原赤十字病院との合併後も診療規模の拡⼤は望めません。
それでも当院が⼩児患児の⼊院を受け⼊れることができなくなれば、丹波の⼩児医療は崩壊してしまいます。「丹波地区の⼩児2次救急最後の砦」であり続けなければ、と考えております。
地域の先⽣⽅には、いつも患児をご紹介いただきありがとうございます。先⽣⽅からのご紹介に関しましては休⽇/時間外も対応いたしますので、ぜひ事前にご⼀報いただきますようお願い申し上げます。また当院で対応できないような事例(例えば⼩児外科医を必要とするような症例)などは、当院から⾼次医療機関へさらに紹介するなど、できる限りのことを⾏わせていただきます。
先⽣⽅には何卒ご⾼配賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

主な対象疾患

⼊院診療

⼀般(12床) … 主な対象疾患は、感染症、アレルギー疾患(気管⽀喘息・⾷物アレルギー)、神経系疾患(熱性けいれん・てんかん)、内分泌疾患(下垂性低⾝⻑検査⼊院・糖尿病・⼩児科⽣活習慣病指導⼊院など)。
未熟児室(4床) … 主な対象は、早産児、(35Ⅳ以上)、低出⽣体重児、新⽣児⼀過性多呼吸、無呼吸発作、初期嘔吐、新⽣児感染症(GBS・HBV など)、先天性⼼疾患(VSD ASDなど)、新⽣児メレナ、新⽣児⻩疸、多⾎症。

外来診療

午前:⼀般外来
午後:専⾨外来(予約制)
(詳細は、外来診療体制表をご覧ください。)
アレルギーに対する⾆下免疫療法や夜尿アラーム治療などの特殊治療も⾏っております。詳細はお問い合わせください。

時間外診療

丹波圏域の診療所と、休⽇夜間応急診療所からの紹介患者に対応。 ⼩児2次救急輪番制(当科と兵庫医⼤ささやま医療センター⼩児科)で対応。

第1病名のICD-10国際疾病分類第10版に基づく2018年1⽉~12⽉までの当科⼊院患児の内訳

  • 感染症(⼤分類AおよびB)感染性胃腸炎(ウイルス性・細菌性)18名、百⽇咳1名、ヘルペス感染3名、伝染性単核症2名、アデノウイルス感染症1名、ヘルパンギーナ2名、⼿⾜⼝病2名、突発性発疹症2名、不明のウイルス感染症7名
  • ⾎液および造⾎器の疾患(⼤分類D)PFAPA症候群1名、亜急性壊死性リンパ節炎1名
  • 内分泌、栄養および代謝性疾患(⼤分類E)成⻑ホルモン分泌負荷試験⼊院13名、低⾎糖6名、肥満⽣活指導⼊院6名、脱⽔症3名、Ⅰ型糖尿病1名
  • 精神および⾏動の障害(⼤分類F)転換性障害3名、発熱によるせん妄状態1名
  • 神経系の疾患(⼤分類G)てんかん5名、急性脳炎1名、急性⼩脳失調1名、細菌性髄膜炎1名、痙性四肢⿇痺1名
  • ⽿および乳様突起の疾患(⼤分類H)急性中⽿炎1名
  • 呼吸器系の疾患(⼤分類J)上気道感染(扁桃炎など)10名、急性肺炎(細菌性・ウイルス性)74名、急性気管⽀炎33名、急性細気管⽀炎16名、クループ性気管⽀炎8名、気管⽀喘息27名、上気道の気道狭窄1名、気管内⾁芽腫1名
  • 消化器系の疾患(⼤分類K)腸重積4名、急性⾍垂炎1名、腸蠕動亢進症1名
  • ⽪膚および⽪下組織の疾患(⼤分類L)蜂窩織炎4名、⽪下膿瘍2名、頸部リンパ節炎1名
  • 筋⾻格系および結合組織の疾患(⼤分類M)川崎病16名
  • 尿路系の疾患(⼤分類N)尿路感染症3名、ネフローゼ症候群1名
  • 周産期に発⽣した病態(新⽣児⼊院、⼤分類P)⺟体要因(疾病合併など)による新⽣児⼩児科管理45名、帝王切開に伴う新⽣児⼩児科⼊院管理19名、早産・低出⽣体重児12名、過期産・巨⼤児2名、双胎3組6名、新⽣児⻩疸13名、胎内出⽣時仮死17名、新⽣児⼀過性多呼吸31名、新⽣児無呼吸2名、初期嘔吐症7名、多⾎症3名、胎盤胎児輸⾎症候群1名、低⾎糖2名、低ナトリウム⾎症1名、出⽣前精索捻転1名、新⽣児TSS様発疹症1名
  • 先天奇形、変形および染⾊体異常(⼤分類Q)先天性⼼疾患9名、先天性⽔腎症1名、先天性多趾症1名
  • 症状、徴候および異常所⾒で他に分類されないもの(⼤分類R)複雑型を含む熱性けいれんおよび胃腸炎に伴うけいれん群発46名、不明熱11名、嘔吐症/経⼝摂取不良6名、過換気症候群1名、呼吸困難症1名
  • 損傷、中毒およびその他の外因の影響(⼤分類SおよびT)⾷物負荷試験⼊院126名、アナフィラキシー9名、熱中症6名、薬物・異物誤飲/誤嚥4名、眼窩底⾻折1名、腹部打撲1名、⼝腔内外傷1名
  • その他社会的要請による⼊院6名、丹波市産後ケア事業⼊院1名

主な医療機器と設備

  • 保育器(未熟児⽤5、乳児⽤2、搬送⽤1、CT撮影⽤1)
  • 経⽪的PO2・PCO2モニター16(セントラル1)
  • ⼩児⽤超⾳波診断装置

トピックス

平成27年6⽉6⽇に橋本岳厚⽣労働⼤⾂政務官が旧柏原病院を視察されました。
⼩児科外来を⾒学の後、秋⽥院⻑から当院の概要・取組み、県⽴柏原病院の⼩児科を守る会の丹⽣代表から、同会の取組み、坂原管理局⻑から県⽴柏原病院と柏原⾚⼗字病院との統合再編計画を、それぞれ紹介しました。
橋本政務官からは、病院の取組みと地域の活動とのマッチングによる相乗効果への強い期待が⽰されました。

医師紹介

名前 役職 資格・認定・所属学会等
井上 真太郎
Shintarou Inoue
⼩児科 部⻑ ⽇本⼩児科学会 ⼩児科専⾨医
⽇本周産期・新⽣児医学会、⽇本川崎病医学会、⽇本夜尿症学会
与茂⽥ 愛
Ai Yomoda
⼩児科 部⻑ ⽇本⼩児科学会 ⼩児科専⾨医
⽇本⼩児神経学会
岡本 光宏
Mitsuhiro Okamoto
⼩児科 医⻑ ⽇本⼩児科学会 ⼩児科専⾨医
⽇本周産期・新⽣児医学会新⽣児蘇⽣法「専⾨」コース インストラクター
アメリカ⼼臓協会⼩児⼆次救命処置法インストラクター
⽇本アレルギー学会
アメリカ⼼臓協会⼩児救急評価・認識・病態安定化インストラクター
荻野 加菜
Kana Ogino
小児科 医師 日本小児科学会
日本アレルギー学会
西村 明紘
Akihiro Nishimura
小児科 医師
太田 亮
Ryo Ota
小児科 医師
酒井 國安(非常勤)
Kuniyasu Sakai
参与 ⽇本⼩児科学会 ⼩児科専⾨医
粟野 宏之(非常勤)
Masahiro Nishiyama
神⼾⼤学 講師 ⽇本⼩児科学会 ⼩児科専⾨医
⽇本⼈類遺伝学会臨床遺伝専⾨医
⽇本⼩児神経学会専⾨医
山口 宏(非常勤)
Hiroshi Yamaguchi
神⼾⼤学