整形外科

診療カレンダー

上本 上本 上本
担当医 吉田 吉田 担当医

概要

整形外科は現在3名の医師で診療しております。
⾻折や外傷、四肢の関節や脊椎の慢性疾患などの⼿術や保存的治療、⾻粗鬆症や関節リウマチ、痛⾵などの診断や治療、術後のリハビリ、乳児検診などを⾏っております。
術後のリハビリにつきましては、理学療法⼠や作業療法⼠と連携して積極的に対応いたします。

地域医療機関の先生方へ

当院では主に急性疾患として、⼊院や⼿術を要するような⾻折や外傷の治療を⾏っておりますが、慢性疾患に対しても、⼈⼯股関節や⼈⼯膝関節、外反⺟趾の⼿術など、積極的に実施しています。
特に、⼈⼯股関節や⼈⼯膝関節は、筋⾁を全く切らない最⼩侵襲⼿術(MIS)を⾏っており、術後の疼痛が少なく、早期に歩⾏が可能となっています。また、⼈⼯関節の⼿術時には特殊な感染防⽌⼿術服(personal protection system)を導⼊し、感染予防に努めていきます。⼈⼯膝関節置換術では、navigation systemを⽤いて、より正確な⾻切りを⽬指しています。
外反⺟趾に対してはscarf osteotomyなどの矯正⾻切り術を⾏っており、中等度から⾼度の変形に対しても対応可能です。
四肢の関節痛や疼痛、しびれなどでご紹介いただければ、原因の精査(CT、MRI、ABI、NCVなど)を⾏い、診断と治療⽅針を決めていきたいと考えております。
また、⾻粗鬆症の診断(DEXAによる⾻密度測定)後、PTH製剤や⽣物学的製剤を含めた薬物の導⼊を⾏います。
それぞれ保存的治療や観⾎的治療、薬物導⼊が⼀段落すれば、かかりつけ医として、地域医療機関の先⽣⽅へ以後の治療をお願いできればと思います。
県⽴病院の整形外科としては⼤変未熟で⼩規模ではありますが、先⽣⽅とご協⼒させていただくことによって地域医療の⼀助として貢献できれば幸いです。よろしくお願い申し上げます。

主な対象疾患

  • 四肢や⾻盤の⾻折、靱帯や腱損傷などの外傷、変形性関節症などの関節疾患、⼿根管症候群や外反⺟趾などの⼿⾜の疾患に対する⼿術や保存的治療
  • 腰部脊柱管狭窄症や頚椎症などの脊椎疾患に対する保存的治療
  • 膀胱電⼦スコープ
  • ⾻密度測定装置(DEXA)を⽤いた⾻粗鬆症の診断や治療
  • ⼩児整形外科疾患に対する検診

主な医療機器と設備

  • マルチスライスCT
  • MRI
  • ⾻密度測定装置(DEXA)
  • X線透視装置
  • 核医学検査(シンチグラフィー)
  • ⼈⼯股関節⽤モバイルレッグポジショナー
  • ⼈⼯膝関節⽤ナビゲーションシステム
  • 感染防⽌⼿術服(パーソナルプロテクションシステム)

医師紹介

名前 役職 資格・認定・所属学会等
芝 昌彦
Masahiko Shiba
整形外科 部⻑ ⽇本整形外科学会 整形外科専⾨医・認定脊椎脊髄病医
中部⽇本整形外科災害外科学会
⽇本関節病学会
⽇本脊椎脊髄
病学会
⽇本整形外科スポーツ医学会
上本 晴信
Harunobu Uemoto
整形外科 部⻑ ⽇本整形外科学会 整形外科専⾨医
吉⽥ 慎
Shin Yoshida
整形外科 医師 ⽇本整形外科学会