⾎液浄化センター

概要

当センターは、色々な病気のために入院加療が必要となった慢性透析患者さんの血液浄化、慢性腎不全患者さんへの血液透析療法の新規導入、急性腎不全を発症した患者さんに対する血液透析をはじめとして、幅広い血液浄化のニーズに対応しうる医療部門として設立されました。例えば、潰瘍性大腸炎に対する顆粒球除去療法など、さまざまな特種疾患に対するアフェレシス療法にも対応しています。センターには、15床の透析ベッドがあり、その内の2床は各種の感染症に対応するための陰圧制御が可能な個室に特化しています。かゆみやイライラの抑制・透析中の血圧の安定・食欲不振の改善などの効果があるとされるオンラインHDFや、特に低栄養や高齢な患者さんの血圧低下の防止や、末梢循環障害の改善に有効とされるI-HDF(間歇補充型HDF)も完備しており、中央監視システムとしてFutureNetWeb+を導入し、電子カルテとの連携を行い、ヒューマンエラーを軽減するなど、先端の血液浄化療法を施行する環境を整えました。こういった透析技術を支える水質管理には、特に重点的に取り組んでいます。患者さんのアメニティについては、各ベッドにテレビも備え付けました。
休日、夜間などの緊急透析については、HCU(ハイケアユニット)において緊急血液透析や持続血液濾過透析(CHDF)により対応しております。

地域医療機関の先⽣⽅へ

当センターでは現在、月・水・金曜日に定期の透析を実施しています。慢性腎不全患者さんへのシャント造設を含めた新規の血液透析導入、重篤な合併症を持つために一般の血液浄化施設では対応困難な維持透析患者さんなどの紹介については地域医療連携センターを通してお問い合わせください。また当院ではシャント造設手術(日帰り)や、シャントPTA(経皮的血管形成術)のご用命も承ります。緊急な血液透析が必要と考えられる患者さんについては曜日を問わず対応しています。夜間、休日などは、まずは救急外来にご連絡ください。血液浄化に関する様々な必要性に対して、柔軟に対応していきたいと考えております。

医師紹介

名前 役職 資格・認定・所属学会等
星島 正彦
Masahiko Hoshijima
血液浄化センター長
栄養管理部長兼診療部内科部長
⽇本内科学会 認定内科医・総合内科専⾨医・指導医
AHA ACLSプロバイダー