麻酔科

概要

⿇酔は⼿術と切っても切れない関係で、⼿術を⾏うにあたり必須のものであり、⿇酔をかける主な⽬的は「安全で快適に⼿術を受けていただくこと」です。当科では、⼩さいお⼦様からからご⾼齢の⽅まで幅広い年代の様々な科の⼿術全般に対応し、⿇酔を⾏っております。
我々⿇酔科医は、患者さんが安⼼して⼿術を受けることができるように術前診察を⾏い、どのような⽅法で⿇酔を⾏っていくのか説明をしております。⼿術までに患者さんの状態を⼗分把握するため、必要に応じて追加検査をお願いすることもあります。
⼿術室に⼊室すると、患者さんの状態に合わせて⼼電図、⾎圧計、経費的酸素飽和度モニター(パルスオキシメーター)、脳波モニターなどを装着し、⿇酔導⼊を⾏います。
⼿術中は、患者さんのそばで術野を⾒たりモニターを看視したりしながら、常に全⾝状態を⾒守り、必要に応じて呼吸・循環など、⾝体の様々な働きをサポートします。
術後については、硬膜外⿇酔や超⾳波ガイド下神経ブロックなどを施⾏して、できるだけ痛みなく楽に過ごせるように、積極的に術後鎮痛に取り組んでいます。⼿術術式や患者さんの状態によっては、鎮痛剤の持続的静脈投与を⾏うなど、様々な⽅法を使⽤して術後の疼痛管理を⾏っています。
また、緊急⼿術にも対応できるよう神⼾⼤学と連携しながら24時間365⽇オンコール体制をとっています。

地域医療機関の先⽣⽅へ

⿇酔科は地域医療機関の先⽣⽅から直接ご紹介いただくことは現在のところありませんが、当院へ紹介された⼿術症例につきまして、予定⼿術、緊急⼿術を問わず、安全に、またできる限り安⼼して⼿術を受けていただくことができるように対応させていただきます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

主な対象疾患

⼿術⿇酔全般に対応します。
どのような合併症を持った患者さんの⼿術にも最良の⿇酔⽅法を選択して対応できるよう、最⼤限努めてまいります。

医師紹介

名前 役職 資格・認定・所属学会等
⽜尾 将洋
Masahiro Ushio
麻酔科 医⻑ ⽇本⿇酔科学会指導医
⿇酔科標榜医